Beauty(美容 コスメ モテ) ホーム

乾燥に打ち勝つには?!身体の中からとお肌のケアどちらも欠かせない!

 

 

ゆい
こんにちは!ユイです。

 

 

今日は「保湿」について、書こうかなと思います。

 

 

空気が乾燥する冬はもちろん、夏も冷房で乾燥が気になったりしますよね。

 

 

冷房で乾燥しやすくなる夏に向けて、今から乾燥に強いお肌を作りませんか??

 

 

これを読むと、

 

 

  • 肌だけではなく身体の中からのケアが重要
  • 乾燥肌を防ぐ肌のターンオーバーとは?
  • 保湿に効果がある成分
  • 保湿に効果があるコスメ

 

 

が分かりますので、ぜひ読んでみてください😊

 

 

肌だけではなく身体の中からのケアが重要

 

 

乾燥が気になりだすと、まずは保湿効果があるコスメを探してみる、とりあえず試してみる、そんな方も多いと思います。

 

 

もちろん、肌そのもののケアも大切ですが、その前に乾燥してしまう原因が身体の中や生活習慣に隠れているかも知れません。

 

 

どんなに肌そのものをケアしても原因が身体の中や生活習慣にあると、いたちごっこになってしまいます。

 

 

乾燥肌を防ぐ肌のターンオーバーとは?

 

 

乾燥肌を防ぐには、肌のターンオーバーを正常に戻すことが重要です。

 

 

ターンオーバーとは、簡単に言うと細胞の生まれ変わりのこと。

 

 

IMG_8796.jpeg

 

 

表皮の一番奥にある基底層から新しい皮膚細胞がつくられ、それが上へと押し上げられて、の表面に出てきます。

それが垢や古い角質として剥がれ落ちて、新しい細胞へと生まれ変わっていきます。

 

 

この一連の肌のターンオーバーは約6週間かかると言われており、肌のターンオーバーを繰り返すことで、バリア機能を維持した健康な肌を保つことができます。

 

 

肌のターンオーバーが乱れてしまうと、古くなった角質細胞が剥がれずに表皮に残ったり、角質層の細胞と細胞の間には細胞間脂質という保湿成分や水分が埋めていますが、その細胞間脂質が作られにくくなったりします。

 

 

健康な肌は保湿成分である細胞間脂質や水分が細胞と細胞の間を埋めており、それにより紫外線やほこりなど、外部からの刺激から皮膚を守ると同時に、水分を外に逃がさないよう「バリア」としての役割を果たしています。

 

 

つまり、肌のターンオーバーが早かったり遅れたり乱れてしまうと水分を外に逃がさないようにしていた肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥しやすくなるという、しくみです。

 

 

また、刺激を受けやすくなっているので乾燥以外の肌荒れも引き起こしやすくなります。

 

 

肌のターンオーバーを正常に戻すにはバランスの良い食事がとても重要で、タンパク質ビタミン、ミネラル肌のターンオーバーに必要な栄養素です。

 

 

タンパク質(肉、魚、特に青魚、卵、大豆製品、乳製品など)

タンパク質は皮膚の角質細胞を形成するので肌のターンオーバーには欠かせない栄養素ですが、現代人は不足しがちなので毎日の食事の中で意識して摂取することが大切です。

 

 

他にも美肌の為に摂るといい食材はたくさんあります。

 

 

炭水化物(米、パン、イモなど)

体内で水分を抱え込んで蓄える役割をします。

不足すると肌のハリツヤが失われやすくなります。

 

 

ビタミンA(にんじん、海藻類、卵、レバーなど)

皮膚粘膜を正常にします。

 

 

ビタミンB6(鶏肉やレバー、魚介類、にんにくなど)

肌の保護をします。

 

 

ビタミンC(キウイ、イチゴ、じゃがいも、セロリなど)

コラーゲンの生成をします。

 

 

ビタミンE(サバ、ほうれん草、さつまいも、大豆製品など)

抗酸化作用があります。

 

 

亜鉛(うなぎや牡蠣、肉、海藻など)

ターンオーバー促進の働きをします。

 

 

たくさんの栄養素を一食で全てを摂ることは難しいと思うので、1日トータルでバランスよく摂れるようにメニューを考えてみるのがいいですね。

 

 

鶏の胸肉ににんにくを使ったメニューなんかはタンパク質とビタミンB6が一度に採れて、胸肉のタンパク質が肌の角質細胞を作り、にんにくが肌の保護をしてくれたりと、肌にはとっても良いメニューだと思います。

 

 

そこにご飯と野菜でビタミンが摂れればなおさら良しですね!

 

 

 

 

保湿に効果がある成分

 

 

ここからは肌そのもののケアのお話になります。

 

 

数多くの保湿効果を謳うコスメがありますが、どれを選んだらいいか迷って決められないこともありますよね。

 

 

そんな方の為に、成分に着目してお話しようと思います。

 

 

保湿効果の高い成分と言えば、有名なのはヒアルロン酸だと思います。

 

 

ヒアルロン酸は1gあたり6Lもの保湿力があり、水分と結びついて肌を乾燥から守る役割をするので保湿効果に優れている為、ヒアルロン酸配合を全面に押し出したコスメもたくさんありますよね。

 

 

しかし、ヒアルロン酸にも実はデメリットがあります。

 

 

それは持続力が短いということです。

 

 

そこで、もう2つ程、私が注目している保湿成分があります。

 

 

1つ目は、トレハロースという成分です。

 

 

トレハロースは、角質内部に浸透し、細胞膜と一体となり、乾燥から細胞を守ります

 

 

肌の乾燥を細胞から防ぐことで、肌に必要な水分を保ち、しわなどトラブルを防いでくれます。

 

 

ヒアルロン酸は肌表面の保湿効果に優れていますが、トレハロースは肌の内側からケアすることができる成分なので注目している成分です。

 

 

2つ目は、プラチナ(白金)です。

 

 

プラチナは肌の水分子と結合する働きがあるので、保水力を高め、つっぱらず必要な水分をみずみずしく保ってくれます

 

 

「保湿」にばかり目がいきがちですが、「保水」も忘れてはいけないポイントで、赤ちゃんのように与えた水分を長時間保つことができる肌が、「保水力」のある肌です。

 

 

「保湿」は肌の湿度を保つこと。

 

 

つまり、大前提に肌に水分があること、「保水」されていることがとても重要です。

 

 

プラチナはその保水にとても優れた成分で、また、抗酸化目的で化粧品に多用されています。

 

 

紫外線にさらされると活性酸素が発生し、年齢肌の原因となるシミ、シワ、たるみくすみができやすくなります。

 

 

美白化粧品やエイジングケア化粧品に多用されるビタミンCやコエンザイムQ10よりも、プラチナの抗酸化作用は強くかつ持続するという研究結果も出されていることから、注目している成分です。

 

 

 

 

保湿に効果があるコスメ

 

 

先程3つの保湿成分、ヒアルロン酸、トレハロース、プラチナについてお話しましたが、これらの成分が含まれているコスメを2つご紹介します。

 

 

①ちふれ   乳液しっとりタイプ

(ヒアルロン酸、トレハロース配合)

 

 

https://www.chifure.co.jp/products/milkylotion/2011

 

 

先程もお話しましたが肌表面の保湿に優れたヒアルロン酸と細胞から乾燥を防ぐトレハロースが両方配合されています。

 

 

お値段もプチプラで試しやすく、他にも保湿クリームなどもあり気軽にライン使いできそうなのもポイントが高いですよね。

 

 

②ナノシステム PLUSライン

(全商品にプラチナ、一部商品にトレハロース配合)

 

 

https://applecosme.thebase.in/

 

 

保水に優れたプラチナと細胞から乾燥を防ぐトレハロースが両方配合されており、絶妙な相乗効果が保水力を一層高めてくれるコスメです。

 

 

トレハロースが配合されているのは全てのコスメではないですが、配合されていないコスメには別の美容成分がふんだんに使われています。

 

 

こちらも、たくさんの商品があるので肌悩みに合わせて使うことができます。

 

 

 

 

今回は

 

 

  • お肌だけではなく身体の中からのケアが重要
  • 乾燥肌を防ぐ肌のターンオーバーとは?
  • 保湿に効果がある成分
  • 保湿に効果があるコスメ

 

 

を書いてみましたが、いかがでしたか?

 

 

参考になれば幸いです😊

 

 

 

 




-Beauty(美容 コスメ モテ), ホーム

Copyright© lebh(レべ) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.