Hair

徹底解説!絶対に美髪になる12のヘアケア方法【2021】【男性版】

健康で豊かな髪には、違いはありません。

努力さえすれば、男性でも女性でも手に入れることができます。

結局のところ、男性の髪と女性の髪に違いはありませんが、男性と女性の髪の扱い方に違いがあります。

男性の場合、髪を乾かすだけの簡単なお手入れが一般的ですが、女性の場合はお手入れを重視する人が多いようです。

女性は熱を利用したスタイリングツールを使ったり、ヘアカラーをしたり、ロングヘアにしたり、最新のスタイルを求めてサロンに通う回数が増えたりします。

しかし、男性の場合は、どのようにヘアケアをすればよいのでしょうか。

 

ここでは、頭皮の乾燥や抜け毛など、髪の悩みを解決するためのさまざまなヘアケア方法をご紹介します。

自分に合った健康的なヘアケアをするために、まずは以下の基本的なポイントをおさえましょう。

 

頭皮を清潔に保つ

清潔な頭皮は健康な頭皮です。

頭皮が定期的に洗浄されていないと、マイクロバイオームのバランスが崩れてしまいます。

レナード・ヘア・トランスプラント・アソシエイツの主任外科医であるマシュー・ロプレスティ博士は、「これにより、バクテリアの数が増えたり、炎症が起きたりして、毛根に悪影響を及ぼします」と言っています。

ただ、過度の洗髪は髪を保護する油分を奪ってしまうので、注意が必要です。

週にどれくらいの頻度で髪を洗うかは、あなたの髪質によって異なります。

 

適切な製品に投資する

シャンプーからスタイリングワックスまで、髪につけるものすべてに投資しましょう。

ストレート、カール、ウェーブ、細くて乾燥した髪など、自分の髪のタイプを知ることが、自分に合った製品を見つけるための一番の近道です。

 

いつでも始められる

髪のお手入れは、難しくも時間もかかるものではありません。

Schorem Barbierの共同経営者である理容師のRobert Jan-Rietveld氏は、髪がもろくなった、白髪が増えたなど、特に気になることがあれば、それを調べてみるべきだと言います。

「バスルームでの余分な時間を増やさない、とても簡単な解決策があるはずです。」

 

一貫性を保つ

これが、整っているように見えるか、雑に見えるかの違いです。

男性の髪は、首の後ろ、もみあげ、耳など、頭以外の場所にも生えているので、身だしなみを整える際には一貫性を持たせることが大切だと、Paul Labrecque Salon and Skincare Spaのメンズグルーミングエキスパートであり、スタイリストでもあるエル・メディコさんは言います。

 

黒髪の場合

黒髪といっても、さまざまなタイプがあります。

ストレート、ウェーブ、コイル状、ちりちりパーマのキンキーなどです。

それぞれのタイプに合わせて、髪に栄養を与えてあげましょう。

「シャンプーは週に1〜2回にして、リーブインコンディショナーとリンスアウトコンディショナーを使い分けることが大切です」とJan-Rietveldは言います。

 

あなたの髪が極細で、カールパターンがきつい場合は、特にそうです。

また、ショートヘアの方は、3週間に1度くらいの頻度でカットすることをお勧めします。

そうすれば、手入れの行き届いたスタイリッシュな髪を保つことができます。

また、色落ちした髪や複雑なヘアデザインをリフレッシュするのにも最適な時期です。

 

ロングヘアの方は、黒髪用の化粧品を使うことが大切です。

代表的な成分としては、シアバターやアボカドオイルなどが挙げられます。

これらの保湿成分は、「髪にツヤを与え、見た目も手触りも良くしてくれます」とメディコは付け加えます。

 

ロングヘアの場合

流れるようなロングヘアは、実は最も扱いやすい髪の毛のひとつです。

ショートヘアのように頻繁にカットする必要はありませんが、12週間に1度はトリミングをしましょう。そうすることで、枝毛がなくなり、髪を長く伸ばすことができます。

 

しかし、メディコはカットをお願いするのではなく、「髪の形を整えてほしい 」と言っています。

これは、美容師や理容師が髪の長さを短くして、前髪やサイド、伸びきった部分を多くすることです。

 

ロングヘアをスタイリングするときは、しっかりとしたホールド感のあるスタイリング剤は避けましょう。

ソフトなホールド感のある製品を使うことで、髪に抜け感とハリを与えます。

そのためには、髪に柔軟性を与えるソフトジェルがおすすめです。

また、ドライヤー、ストレートパーマ、カーラーなど、熱を持つスタイリングツールはできるだけ使わないようにしましょう。

熱は髪にダメージを与えるので、空気乾燥が最も健康的な方法です。

また、最もシンプルな方法でもあります。

 

白髪対策

気に入らないかもしれませんが、白髪になるのは加齢の自然な流れです。

リサーチトラストソースによると、ほとんどの人が50歳前から白髪が生え始めることがわかっています。

これは、髪の毛のメラニンの生成が遅くなるためです。

メラニンとは、髪や肌、目の色を濃くする色素のことです。

メラニンが不足すると、髪の毛が乾燥してもろくなることもあります。

定期的にヘアケアを行い、コンディショナーやトリートメントで髪に栄養を与えてあげましょう。

グレーを取り入れるにしても、捨てるにしても、どちらも恥ずかしくありません。

染める場合は、グレーとブレンドした色を使うのがベストだとメディコは言います。

「グレーを50%、生まれつきの色を50%残すようなブレンドカラーを選ぶといいでしょう。

これは、より自然に見え、数分でその人の年齢を何歳も下げることができます。」

色の維持については、メディコは簡単だと断言します。

「カラーセーフのシャンプーを使い、4週間ごとにスタイリストに予約を入れてもらうだけです」。

また、自宅で髪を染めることもできます。

 

カーリーヘア用

カーリーヘアの管理は簡単ではありません。

髪の毛の乾燥、切れ毛、ボリュームの出過ぎなどに悩まされることもあります。

また、くせ毛は、生まれつきの髪質や湿度などの外的要因によって引き起こされる一般的な問題でもあります。

自分の髪質に合った製品を選ぶことが、予防の第一歩です。

髪に逆らうのではなく、髪に働きかけることが大切です。

また、カールには定期的にコンディショナーを使用し、潤いを保つようにしましょう。

カールした髪は、カールのせいで天然のオイルが毛先まで届きにくいため、乾燥しがちになります。

 

潤いを与えるコツ

髪にどれだけの水分が必要かは、髪質によって決まります。

どのような髪質の方でも、乾燥に対する第一の防御策は、洗髪時に定期的にコンディショナーを使用することです、とJan-Rietveldは説明します。

「シャンプーだけでは、髪の毛に栄養が行き渡らず、髪の毛が乾燥して切れてしまうだけでなく、頭皮も乾燥してしまいます。」

ミディアムヘアの方はコンディショナーだけでOKですが、スーパーファインヘアの方は、洗髪後にリーブインタイプのスプレーコンディショナーを使用してください。

粗い髪質の方や、髪が水分を欲しがっているときは、コンディショナーの代わりにディープコンディショニングマスクを使うとよいそうです。

また、食生活や特定のサプリメントからも髪に良い水分を摂取することができます。

 

頭皮の乾燥に

頭皮の乾燥は、さまざまな原因で起こります。

水分不足などの簡単な原因から、湿疹などの深刻な原因まで様々です。

いずれにしても、頭皮の乾燥を防ぐには、適切な製品を使うことが第一です。

頭皮の乾燥を防ぐには、適切な製品を使うことが大切です。

ティーツリーオイルには、防腐作用、抗真菌作用、抗生物質作用があるので、これが配合されている製品を選びましょう。

 

「乾燥が治まるまでは毎日使い、治まったら週1回の使用に切り替えて、毎日使うシャンプーは通常のものに戻してください」

とメディコさん。

 

また、ココナッツオイルやティーツリー、アロエベラなどの天然成分を使ったホームレメディもたくさんありますので、ぜひ試してみてください。

 

オイリーな髪に

見た目も手触りも脂ぎった髪が好きな人はいないでしょう。

オイリーヘアは、頭皮が皮脂を過剰に分泌することで起こります。

これは、髪の洗いすぎ、衛生習慣、激しい運動など、いくつかの異なる要因によって引き起こされます。

余分な皮脂に対処するには、ミント・メントールを配合したシャンプーを購入することです。

「この成分は、ドラッグストアで売られている多くのシャンプーに含まれており、頭皮と髪を乾燥させる効果があります」

とメディコは説明し、1週間以内に効果が出るはずだと付け加えています。

 

抜け毛に

男性型脱毛症は、男性型脱毛症とも呼ばれ、50歳以上の男性の半数以上が罹患するものです。

男性の自尊心を傷つける可能性があるため、多くの治療法があります。

 

もっとも極端な方法は自毛植毛ですが、手術以外の選択肢もいくつかあります。

Lopresti博士によると、これらの治療法は医学的に証明されており、男性型脱毛症の進行を遅らせることができるそうです。

博士が最初に勧めるのは、Rogaine Foamです。

FDA(米国食品医薬品局)の認可を受けており、使用方法も簡単です。

"効果を実感するには、1日2回、毎日きちんと塗布することです。"

 

次の選択肢はプロペシアで、これは主に抜け毛を止めるために処方され、二次的に頭頂部の発毛を得ることができます。

 

「頭皮でのジヒドロテストステロン(DHT)の形成をブロックすることで、毛包が十分に成長するように働きます。」

 

最後の薄毛治療は、CapillusRxレーザーキャップですが、これは医師のオフィスでしか入手できません。

どれも自分には合わないという方は、家庭でできる治療法を試してみてはいかがでしょうか。

これには以下が含まれます。

・毎日の頭皮マッサージ

・禁煙

・健康的でバランスのとれた食生活を心がける

 

プロに相談するタイミング

髪の悩みについて、ヘアケアの専門家や皮膚科医に相談する必要があるかもしれません。

以下のような症状がある場合は、受診をお勧めします。

 

・頭皮が炎症を起こしている

・抜け毛が多い

・髪が細くなった

ロプレスティ博士は、抜け毛について、1日に100本程度の抜け毛があるのが普通だと言っています。

それ以上の抜け毛は心配すべきです。

 

もし外科的な治療を受けることになったら、まず調べてみることをお勧めします。

経験が浅く、倫理的に問題があるかもしれない人の治療を受ける前に、その医師の資格、経験、評判など、時間をかけて調べてみましょう。

 

最後に

髪の毛をケアすることは、健康的で素晴らしい習慣だと思います。

自分の髪のタイプを知り、基本的なことを理解すれば、シンプルで維持しやすい習慣を身につけることができます。

しかし、抜け毛のような難しい髪の悩みについては、まず調べてみましょう。

また、専門家に相談してみるのもよいでしょう。




-Hair

Copyright© lebh(レべ) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.