Yoga

ヨガの呼吸法と瞑想で心の豊さを持つ方法

私たちは呼吸法と瞑想に重点を置くことで、心を落ち着かせ、集中させることができます。

ヨガが不安や落ち込みを軽減するなど、精神的なメリットをもたらすことは驚くことではありません。

さらに驚くべきことに、ヨガは脳の働きを良くします。

 

よりシャープな脳

ウェイトトレーニングをすると、筋肉はより強く、より大きくなります。

ヨガをすると、脳細胞が新しい結合を形成し、脳の構造と機能に変化が起こり、学習や記憶などの認知能力が向上します。

ヨガは、記憶、注意、認識、思考、言語に重要な役割を果たす脳の部分を強化します。

脳の重量挙げのようなものです。

MRIスキャンなどの脳画像処理技術を用いた研究によると、ヨガを定期的に行っている人は、行っていない人に比べて、大脳皮質(情報処理を行う脳の領域)と海馬(学習と記憶に関わる脳の領域)が厚いことがわかっています。

これらの脳の領域は、通常、加齢とともに縮小しますが、高齢のヨガ実践者は、ヨガをしない人に比べて縮小が少なかったのです。

このことは、ヨガが加齢による記憶力やその他の認知能力の低下を抑制する可能性を示唆しています。

また、ヨガや瞑想は、推論、意思決定、記憶、学習、反応速度、視力検査の精度などの実行機能を向上させる可能性があることが研究で示されています。

 

気分の改善

すべての運動は、ストレスホルモンのレベルを下げ、エンドルフィンと呼ばれる気分を良くする化学物質の生成を増加させ、より多くの酸素を含んだ血液を脳に送ることで、気分を高めます。

しかし、ヨガにはさらなる効果があります。GABAは、気分を良くしたり、不安感を軽減したりする効果があります。

瞑想は、感情を司る脳の部分である大脳辺縁系の活動を低下させます。

感情的な反応が減ることで、ストレスの多い状況に直面しても、より落ち着いた対応ができるようになります。

 

うつ病や不安症の治療には、これまで薬物やトークセラピーが用いられてきました。

しかし、ヨガのような補完的なアプローチも効果があり、他の補完的な療法と比較しても、ヨガは優れた効果を発揮します。

Aging and Mental Health誌に掲載された15件の研究レビューでは、さまざまなリラクゼーション・テクニックが高齢者の抑うつや不安に及ぼす影響を調べました。

ヨガに加えて、マッサージ療法、段階的筋弛緩法、ストレス管理、音楽鑑賞などが行われました。

すべての手法が何らかの効果をもたらしましたが、うつ病と不安症の両方に最も効果的だったのはヨガと音楽でした。

また、ヨガが最も効果を長続きさせたようです。

 

いくつかの小規模な研究では、ヨガが心的外傷後ストレス障害(PTSD)に効果があることがわかっています。

ヨガはそれ自体ではなく、侵入してくる記憶や感情的な興奮を抑え、より穏やかで安定した呼吸を生み出すための付加的な治療法として使用されます。

深くてゆっくりとした呼吸は、副交感神経を活性化させるため、落ち着いた状態と関連しています。

 




-Yoga

Copyright© lebh(レべ) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.