結婚

離婚弁護士に聞いた、離婚する夫婦に共通する7つの興味深い特徴

別居といっても、夫婦が離婚する理由はさまざまで、そこに至るまでの問題もさまざまです。

それぞれのカップルやその状況は異なりますが、離婚弁護士がこれまでに担当したカップルの多くには、興味深い共通点があると言います。

結局のところ、彼らほど離婚の内情を知っている人はいません。

ある法律事務所のオーナーである離婚弁護士は、「離婚したカップルは共通の特徴を持っていることが多いのです、でも、そもそもどんな離婚をしたのかにもよります」とBustle誌に語っています。

たとえば、子どものいる夫婦が合意の上で離婚し、引き続き友好的に過ごす場合、以下の4つの特徴があるとその弁護士は言います。

  • 共有の財産や子どもに関する良好なコミュニケーション
  • 面会や子育てのスケジュールに対する柔軟性
  • 子どものことを最優先に考えて全体的に良好な協調関係を築くこと
  • オープンに話し合い、難しい問題が発生した場合には調停を行うことをいとわずにする

ことです。

一方、子どものいる夫婦で、離婚後もネガティブな感情や不信感が残っている場合は、以下の5つの特徴が見られます。

  • コミュニケーション不足
  • 子どもがそれぞれの親と一緒にいる時間に関する柔軟性のなさ
  • 関係性の対立に自分がどのような一因を与えたかについての否定
  • 元夫への恐怖心
  • 不信感

「すべての離婚は異なるもの」と弁護士は言います。これらは、彼女が見ている典型的な共通点のほんの一部です。

他の離婚弁護士によると、離婚した夫婦に共通する特徴は以下の通りです。

コミュニケーション不足

 

健全で成功した結婚生活を送るためには、良好なコミュニケーションが非常に重要です。

しかし、良好なコミュニケーションがないと本当に離婚につながるのでしょうか?

家族法専門の弁護士によると、これはたしかに多くの離婚した夫婦に共通する特徴だそうです。

2 防御的

家族法の弁護士は、コミュニケーション不足に加えて、防御的な態度もよく見られる特徴だと言います。

「関係を修復したいと思ってパートナーが自分の気持ちを伝えたときに、人は時に防御的に物事を捉えてしまうことがあります」と言います。コメントを防御的に受け取ると、コミュニケーションを開くどころか、パートナー間の発展やコミュニケーションを妨げることになります。

このように、パートナーとの関係がどうしてもうまくいかない場合、離婚という選択肢が出てくるのも無理はありません。

3 金銭的なことは秘密

「これは、多くの失敗した結婚生活で繰り返し見られることです」と家族法の弁護士は言います。

一家の大黒柱がすべての金銭を秘密にし、配偶者が家族の資産、収入、負債をまったく知らない状態にあることです。

家計を共有するということは、結婚している二人に影響を与えるので、パートナーに家計を秘密にしておくことは、成功の秘けつではありません。

4 パートナーの支配

批判的で支配的な行動は、人間関係を決定的に壊します。その弁護士によると、これは彼が仕事で関わったカップルの間で見られた共通の特徴だそうです。

「パートナーを過度に批判すると、パートナーは自分がパートナーとして失敗し続けている、という気持ちを持ち続けることになり、それがうつ病や自尊心の欠如といった問題につながる可能性があります」と言います。

だれもが何かに支配されたいとは思っていませんし、ましてや人生のパートナーに支配されたいとは思っていません。

その弁護士は、自分自身を見つけ、自分が愛と成功に値する人間であることを自分自身に証明するために、結婚生活から脱出する多くのクライアントを見てきました。

5 結婚生活を未完成のものと捉える

結婚や離婚は大変です。興味深いことに、有名なある別の離婚弁護士がBustle誌に語ったところによると、離婚したカップルは、結婚には絶え間ない努力が必要だと信じて結婚生活を送っているそうです。

「困難な別れを経験したカップルはみな、結婚生活には浮き沈みがあります」と言います。

毎日、結婚生活に取り組まないと、おそらく生き残れないのでしょう。離婚を経験した夫婦は、結婚生活の厳しさを痛感し、それを今後の恋愛に生かしています。

前の結婚ではうまくいかなかったけれど、次の結婚ではうまくいくように努力することを知っている人たちです。

6 非常につらい時期を経て得た希望

その離婚弁護士が言うように、離婚は非常につらい経験です。

「まるで戦場で戦っているようだ」と彼女は言います。終わってみれば、前に進む気力もほとんどなく、傷だらけになってしまうのです。

しかし、時間がすべての傷を癒し、多くの人がより成熟し、自信を持って前に進む準備ができる状態になります。

「物事は良くなるものであり、ほとんどの離婚者はこのような共通の経験をしています」と彼女は言います。

7 新たな人生を感じて

その離婚弁護士が関わった離婚カップルの多くは、離婚後に新たなエネルギーを得ることになります。

「多くの人が感情的な重さから解放され、これまで以上に元気になっています」と彼女は言います。その後、一緒に愛し、笑いたいと思う新しいタイプのパートナーを引き寄せようという意欲と飢えが生まれます。

彼女は、ほとんどの人が離婚後3年以内に新しいパートナーを見つける(結婚する)と考えています。

その離婚弁護士によると、離婚を経験した夫婦には、たしかに共通の特徴があるそうです。

一般的に、離婚したら終わりではありません。

それは人生の1つの章の終わりを意味するかもしれませんが、離婚弁護士が示唆するように、それは次の章の始まりにすぎません。




-結婚

Copyright© lebh(レべ) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.