Love(恋愛 結婚 家族) ホーム 女性向け

パートナーを説得するためには?今すぐ読んで!

 

交渉は人間関係の一部であり、説得はだれかと生活をともにするために必要なスキルです。

どんなに相性が良くても、価値観が似ていても、いつか何かのきっかけで意見が合わなくなるものです。

それは、毎週のディナーデートで、どこに行くかというような簡単なことかもしれませんし、赤ちゃんを産むのに適切な時期はいつなのかというような深刻なことかもしれません。

しかし、付き合っているうちに、相手があまり乗り気ではないことを説得しなくてはならないことに気づくかもしれません。

人生のシンプルな真実を覚えておいてください。

どんなにあなたを愛していても、あなたの幸福を気遣っていても、だれかにやりたくないことをさせることはできません。

人は自分のやりたいことをする、もどかしいかもしれませんが、それがまたみんなをすてきにし、関係性や相互性をかけがえのないものにしています。

そうは言っても、誰かの考えを変えようとすることはできます!

パートナーを説得したいときは、次のことを試してみましょう。

自分の考えだと思わせる

 

 

操られているように見えるかもしれませんが、心理学者や哲学者は、だれかを説得して何かをさせるための最良の方法は、それが自分の考えだと思わせることだと賛同しています。

直接的な表現は避け、結果は相手に委ねます。

「もしも・・・」という質問をしてみましょう。

イエスかノーかの質問は避け、できるだけ自由な会話を心がけましょう。

相手の話を分かりやすく言い換えて、自分が望む結論に導くための補足をします。

ロジックを使いこなす

 

感情的な脅迫は、短期的には効果があるかもしれませんが、これは操作的かつ支配的であることを心に留めておいてください。

それよりも、パートナーと一緒に理由を考えてみましょう。

論理的でよく考えられた議論を生かしましょう。

「私が言ったから」は有効な議論ではありません。

賛同してもらわないと絶対にダメと相手に感じさせない

 

 

あなたの幸せのために、何かに賛成することが必須と言われても、説得力がありません。

コントロールしています。

この場合も、イエスと言ってもらえるかもしれませんが、恨みを生み出すことになります。

パートナーには自分にとって大切な存在だからこそ、目の前の課題ではなく、自分一人でできることも、パートナーの関わりに感謝し価値があると感じてもらいましょう。

強制や命令ではだれもうまくいきません。

私たちは最終的に、自由に選択することができ、その自由を脅かすものは息苦しくなります。

だれかの幸せが自分にかかっていると感じさせられることは、息苦しいものです。

愛は自由であるべきです!

恋人を説得するときは、相手に自由に選んでもらい、自分を選んでもらうようにしましょう。




-Love(恋愛 結婚 家族), ホーム, 女性向け

Copyright© lebh(レべ) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.