Hair

ダメージを受けた髪を修復するの12の方法

ダメージヘアになってしまったことを実感するのは、とてもつらいことです。

実は、ダメージヘアには特別なケアが必要になります。

熱によるダメージやブリーチなどで、髪の毛がパサパサになったり、髪の毛がもろくなったり、枝毛ができたりしたときには、適切なヘアケアでダメージヘアを修復する方法を学ぶことが大切です。

傷んだ髪を修復したいという方のために、傷んだ髪に最適なシャンプーの使い方や、傷んだ髪用のトリートメントの使い方など、傷んだ髪を修復するためのヒントをご紹介します。

ダメージヘアに最適なシャンプーを使ったり、ダメージヘア用のトリートメントを使ったりして、健康的で美しい髪を手に入れましょう。

 

ダメージヘアのケア方法

傷んだ髪を修復するには、いくつかのケア方法があります。

早速、傷んだ髪を修復する12の方法をご紹介しましょう。

 

1.ダメージヘア用のシャンプー、コンディショナー、ヘアマスクを使う

ダメージを受けた髪には、自分の髪質に合ったシャンプー、コンディショナー、ヘアマスクを使ったヘアケアシステムがおすすめです。

乾燥肌の人がオイリー肌用の洗顔料を使わないように、ヘアケア製品も自分の髪質以外のものを使わないようにしましょう。

お勧めは以下の3つです。

・ロレアルパリ Elvive トータルリペア 5 リペアリングシャンプー

・ロレアルパリ Elvive トータルリペア 5 リペアリングコンディショナー

・ロレアルパリ Elvive トータルリペア 5 Dダメージイレーシングバーム

 

トータルリペア5システムは、ダメージを受けた髪のために、特別処方されています。

濡れた髪にシャンプーをマッサージするようにつけてから、すすぎます。

続いてコンディショナーをつけ、1~3分おいてから再び洗い流します。

ヘアマスクは週に1~2回、シャンプー後にご使用ください。

3~5分放置した後、洗い流してください。

 

2.ぬるま湯で髪を洗う

スチームシャワーは肌には気持ちがいいですが、熱さは髪にダメージを与えます。

特に髪が傷んでいる人は要注意です。

高温のお湯は、髪に必要な油分を奪い、さらに乾燥させてしまいます。

シャワーでは、ぬるま湯にして髪を洗い流しましょう。

 

3.ディープコンディショナーを使う

毎週のヘアケアでまだディープコンディショナーを使っていない人は、ぜひ使ってみてください。

なぜなら、ディープコンディショナーは髪の毛を内側から修復し、長期的には髪の毛を強くし、ダメージを軽減するからです。

また、最近のトリートメントは、思ったよりも短時間で使用できます。

ロレアルパリElvive トータルリペア5 ラピッドリバイバー ディープコンディショナーは、たった1分で髪のコンディションを整え、髪を強化し、補修してくれます。

カラーリングした髪やブリーチで傷んだ髪には、ロレアルパリ Elvive カラーバイブランシーラピッドリバイバー ディープコンディショナーをお試しください。

 

どちらのディープコンディショナーも、シャンプーの後、コンディショナーの代わりに使うことができます。

これらのディープコンディショナーは毎日使うことができるので、髪の毛がかなり傷んでいる人には理想的な選択です。

 

4.ラメラヘアートリートメントを試す

髪の毛にちょっとしたケアが必要だと感じたら、ラメラヘアートリートメントでヘアトリートメントのレベルアップを図るのもいいかもしれません。

私たちのお気に入りはロレアルパリ 8 セカンドワンダーウォーター ラメラヘアトリートメントです。

この軽い洗い流すタイプのヘアトリートメントは、軽い泡に変化して、髪に保湿成分とアミノ酸を浸透させ、ダメージ部分に働きかけます。

重いトリートメントにありがちな重さを感じさせず、髪の表面をなめらかにします。

さらに、髪の傷み具合に応じて、適切な量のケアを行うスマートテクノロジーを搭載しています。

使用方法は、シャンプーを洗い流した後、ワンダーウォータートリートメントを塗布します。

髪の中間から毛先まで均一に塗布し、8秒間マッサージした後、洗い流します。

その結果、あなたの髪は、光沢のある、絹のような、全体的に健康的な外観になります。

 

5.シャンプーの前に髪をとかす

髪の毛の絡まりが気になりませんか?

髪を洗う前に櫛でとかしてみてはいかがでしょうか。

米国皮膚科学会(AAD)によると、ほとんどの人は、濡れた髪をできるだけ扱わない方がよいとされています。

これは、濡れた髪は傷みやすいからです。

知っている人は知っている!

濡れた髪をブラッシングするときは、タオルで髪を乾かしてから(または古いTシャツを用意して)、濡れたブラシや歯幅の広い櫛を使うと髪に優しいです。

濡れたブラシや広めの歯ブラシを使うと、髪に優しいです。

 

6.タオルではなくTシャツで髪の毛を乾かす

古いTシャツを使うと言ったことを覚えていますか?

これは本心です。

色あせた古いTシャツを捨てるのはまだ早いです。

シャワーから出たら、タオルで髪を拭くのではなく、綿のTシャツを手に取りましょう。

綿のTシャツの生地は髪からやさしく水分を吸い取ります。

ダメージを受けた髪をケアするには、何よりも「やさしさ」が大切なのです。

 

7.スタイリングの準備をする

ボリュームのあるカールやなめらかなブローをしようと思う前に、必ず髪に熱保護剤を塗りましょう。

熱でダメージを受けた髪には、熱によるスタイリングの最初のステップとして、この保護剤が必要です。

ロレアルパリ アドバンスドヘアー スタイルシリークアイティーアイロンストレートヒートスプレイをお試しください。

湿った髪に均等に塗布し、ボトルを6~8インチ離してスプレーします。

この熱保護剤は、熱によるダメージを防ぐだけでなく、縮れた髪を落ち着かせ、輝きを封じ込め、湿気を遮断し、洗練されたスタイルを長持ちさせます。

 

8.ヒートツールの温度を下げる

ドライヤー、カールリングワンド、フラットアイロンなどのヒートツールは、とても熱く、熱く、熱くなります。

しかし、熱でダメージを受けた髪には、使用する熱の量を減らした方が良いでしょう。

大まかな目安としては 熱器具の温度は、できるだけ低くしてください。

そうすれば、各部分に過度に熱を加えなくても、思い通りの結果を得ることができます。

何度か試してみる必要があるかもしれませんが、最終的にはあなたの髪はあなたに感謝するでしょう。

 

9.髪の毛の自然な質感を大切にする

テクスチャー(髪の質感・手触り)は、今のトレンドです。

ストレートヘアでも、ウェーブヘアでも、カーリーヘアでも、その中間でも、自分が持っているものを生かすには、今が絶好のチャンスです。

ドライヤーを置いて、傷んだ髪を自然乾燥させれば、本格的なスタイルが完成します。

ここでは、髪を乾かすための5つの方法をご紹介します。

髪を乾かすための5つの方法

1.ヘアムースを使う。

ヘアムースを使うことで、髪の毛の自然な形を強調することができます。

卵1個分の量のヘアムースを、清潔な湿った髪に、根元から毛先まで均等に塗布します。

髪をかきあげるようにして整えれば、完成です。

 

2.さざ波ようなウェーブを作る。

このヘアスタイルを手に入れるために海に入らなければならないという人はいないでしょう。

髪を三つ編みにして、ロレアルパリスアドバンスドヘアスタイルブーストアイティーハイリフトクリエーションスプレイのようなホールドスプレーを髪にまんべんなく吹きかけるだけです。

数時間から一晩放置してから解けば、柔らかなウェーブが現れます。

 

3.自然なスタイルにする。

ヘアクリームを使って、濡れた髪の根元から毛先までまんべんなく塗ってみましょう。

髪が乾いたら、毛先にも少しだけヘアクリームをつけておくと、よりスムーズになります。

 

4.寝ぐせをつける。

いつも完璧にスタイリングしなければならないというルールはありません。

時には、完璧ではないスタイルも必要です。

何もつけずに髪を乾かしてから、ブラシで髪をかきあげます。

ロレアルパリススタジオラインオーバーワークドヘアプティーようなポマードやペーストを手に取り、小さめの量を髪の毛になじませます。

髪の毛をかき混ぜながら、製品を追加していくことで、レイヤーを明確にし、質感を加えていきます。

必要に応じて製品を追加することはできますが、余分な製品を取り除くのははるかに難しいので、つけすぎには注意してください。

 

5.ヘアアクセサリーを活用する。

ヘッドバンドは昼間だけのものだと思っていませんか?

そうではありません。

快適な布製のループヘッドバンドを使えば、一晩で熱を使わないゴージャスなヘアスタイルを作ることができますよ。

まず、いつものようにヘッドバンドを装着します。

続いて、1インチの長さの髪を取り、長さがなくなるまでヘッドバンドに巻き付けます。

これを残りの髪の毛にも続けます。

その後、空気中で髪を乾かします。

目が覚めて髪の毛が乾いたら、ヘッドバンドからそっと髪の毛を外すと、熱を使わないカールが現れます。

 

6.ロックなブレイド

フィッシュテール・ブレイド、ブレイド・クラウン、ブレイド・バンズなど、お好みのブレイド・ヘアスタイルがあれば、傷んだ髪を顔から離すのに重宝します。

三つ編みは、ちょっとしたテクスチャーがあるとゴージャスに見えるので、熱を加えずに作るには最適なスタイルです。

今、私たちが最も気に入っているスタイルのひとつが、ヘリンボーン模様が美しいフィッシュテール・ブレイド(三つ編み)です。

複雑に見えるかもしれませんが、決してそうではありません。

 

やり方は以下の通りです。

髪を片側にまとめ、2つの部分に分けます。

片側の髪を0.5センチほど切り、もう片方の髪と交差させ、これを髪の下まで繰り返します。

透明なゴムで編み目を固定します。

 

とっても簡単ですよね。

 

編集部注:フィッシュテールを作るのに苦労していますか?

髪をポニーテールにして、ゴムで固定してから編んでみましょう。

そうすることで、編み込みのコントロールがしやすくなり、編み込み初心者にはありがたい。

編み込みが終わったら、ゴムはそのままにしておくか、ハサミで切ってしまいましょう。

そうすれば、このスタイリングのコツは、私たちだけの秘密にすることができます。

 

7.サロンでのカット

この機会に心機一転してみませんか?

レイヤードボブやロブ、ピクシーなど、クールなヘアスタイルが人気を集めている今だからこそ、新しいことにチャレンジしてみませんか?

髪が傷んでいる人には、枝毛をなくすことができるのでお勧めです。

極端な変化をすることには抵抗がありますか?

でも大丈夫です。

 

トリミングをするだけでも、傷んだ髪の見た目や手触りが大きく変わることがあります。

それに、サロンで過ごす時間が嫌いな人はいないでしょう。

座って、リラックスして、2時間ほど自分を甘やかしてもらって、自信を持って帰れる。

まさにWin-Winの関係ですね。

 

8.軽くブラッシングする

寝る前に100回ブラッシングするというのは、昔から言われていることです。

AADによると、寝る前のブラッシングは長期的には髪を傷める原因になるそうです。

髪の毛にブラッシングは必要ですが、そこまでのブラッシングは必要ありません。

ほんの数回、優しくブラッシングするだけで十分です。

 

 

以上、傷んだ髪を修復するためのヒントをご紹介しましたが、簡単にできそうなものからやってみませんか?




-Hair

Copyright© lebh(レべ) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.