ダイエット

ヨギー・ダイエットの基本原則

ヨギー(ヨガをする人達)の多くは、旅の途中で菜食主義にすべきかどうか悩むことがあります。

バランスのとれた栄養価の高い食事が、心身の健康に大きな影響を与えることは言うまでもありません。

しかし、健康上の理由や多忙なライフスタイル、その他の要因(例えば、有機食品や健康食品の価格の高さなど)により、厳格なヨギックな食事を維持することは必ずしも可能ではありません。

しかし、自分の体が必要としているものに耳を傾け、それに合わせて食べ物を選ぶことは非常に重要です。

 

意識的な食事

マインドフルネスはヨガの練習に不可欠なツールであるだけでなく、食事の時にも非常に重要です。

ライフスタイル、健康状態、年齢などの基本的な要素を考慮に入れて、自分に合った食事を選択してください。

あなたの食生活は、自分の食習慣が自分の身体、心、魂にどのような影響を与えているかを意識して振り返ってみることから始まるべきです。

意識して食事をすることで、自分の選択が自分にどのような影響を与えているかをすぐに認識することができます。

その影響は、食後すぐに感じられることもあれば、翌日になってから感じることもあり、それらは消化不良、腹部膨満感、疲労感、便秘などが考えられます。

 

ヨギックな食品

ヨギックな食事は、ヨガの原則である「純粋さ(サットヴァ)」「非暴力(アヒムサ)」「バランスのとれた生活」に基づいています。

エネルギーを増加させ、心と体のバランスを作り出すのは、サットビックな性質を持つ食品で構成されています。

ラージック(激質)な食品や、タマーシック(鈍質)な食品は、振動や生命力が低く、毒素を含んでいるため、食べる人の生命力を低下させるので、可能な限り制限するか排除します。

ヨギーはベジタリアンやビーガンの食事を推奨しています。

これは、ヨガの基本原則のひとつが、いかなる生物も傷つけないことであるからです。

これは純粋な食生活であり、慎重に計画すれば、最適な健康と、健康な体を支配する穏やかな心につながります。

 

サットビック(Sattvic):純質

サットビックな食品は、純粋で生命力にあふれ、健康、活力、力強さ、リラックスを促進します。

新鮮なフルーツやジュース、野菜やハーブ、ハチミツ、全粒穀物、ナッツ、種子などで、有機栽培されたもの、地元で採れたもの、(可能であれば)加工されていないもの、添加物や保存料の入っていないものが良いでしょう。

これらの食品は消化しやすいものです。

また、ゆっくりとよく噛んで、一口一口を味わいながら食べることもサットビックと考えられます。

 

ラジャシック(Rajasic):激質

ラジャシックな食べ物は、刺激が強すぎて、過剰なエネルギーを促進します。

不眠、怒り、多動、心の落ち着きのなさなどの原因となります。

肉、魚、コーヒー、紅茶、お菓子、チョコレート、食品添加物、着色料、一部の香辛料、卵などで、辛味、酸味、苦味、乾燥、塩分があります。

また、急いで食べることもラジャシックとみなされます。

 

タマシック(Tamasic):鈍質

タマシックの食事は、心にも体にもメリットがありません。

このグループには、古くなったもの、栽培されすぎたもの、パッケージされたもの、保存されたもの、揚げられたものなどが含まれます。

タマシックの食品は消化が悪く、お腹が膨れて無気力になります。

体の免疫機能が低下します。食べ過ぎもタマス的と考えられます。

 

5つの簡単なダイエット方法

  • 玄米、キヌア、オーツ麦、スペルト小麦、ライ麦、キビなどの全粒穀物を選びましょう。
  • 缶ジュースではなく、果物を丸ごと食べましょう。
  • 炭酸飲料はやめましょう。
  • ココナッツオイルに切り替えましょう。
  • 毎日、果物やサラダ、ナッツや種など、生のものを食べるようにしましょう。

最終的には、食べ物は私たちの体にとって楽しい燃料となるはずです。

  • 今までの習慣を変えてみましょう。小さな一歩が大きな変化をもたらします。
  • ダイエットは避け、健康的でおいしい食事を毎日の生活に取り入れましょう。
  • 好きなものを少しずつ食べるのは良いことです。みだらな欲望を楽しんでも、ほどほどに。

アヒムサは自分自身を大切にすることでもあることを忘れないでください。

 




-ダイエット

Copyright© lebh(レべ) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.