ホーム 女性向け

寝室に必要な大掃除をする方法

部屋の掃除のチェックリストを段階的に使って、あなたにふさわしい穏やかな寝室を作りましょう。

すてきな夢を見るために、たった1時間で、整頓されたきれいな空間を手にすることができます。

 

 

寝室が散らかっていると、日々のストレスや不安感が増し、さらには睡眠の質も妨げます。

その一方で、きれいに整頓された睡眠空間は、夜、布団に入るときに、くつろぎと安らぎを促してくれます。

いくつかのシンプルなハウスキーピング作業をするだけで、寝室はより魅力的な環境に変わり、落ち着いて十分に休息した気持ちで一日を過ごせるようになります。

慌ただしい日々が続いたら、平穏を取り戻すために1時間だけでも寝室の掃除をしてみませんか。

家事リストを短時間で効率的な作業に分割することで、表面、リネン類、床など、寝室のすべてのベースをカバーすることができます。

この戦略により、作業を迅速かつ効率的に行うことができ、汚れを気にしてストレスを感じることもありません。

部屋の掃除のチェックリストを参考にして、自分に合ったスケジュールを立ててみてはいかがでしょうか。

一般には、週に1回程度、この掃除の作業リストを目標に仕上げましょう。

寝室の掃除のチェックリストが終わったら、あなたの空間はきちんと整頓され、ぐっすり眠れる準備ができているはずです。

ゴミを出す

まずは、日常の簡単な汚れを落とすことから始めましょう。

もし、まだ部屋に小さなゴミ箱がないのであれば、用意することをお勧めします。

洋服のタグを破ったり、夜食を食べたりして、小さなゴミがすぐにたまってしまいます。

まず部屋の周りのゴミを捨てから、ゴミ箱を空にします。

ゴミ箱の底に余分なゴミ袋を入れておきましょう。

空にするときは、既存のゴミ袋を外した後に予備のゴミ袋を用意しておくと便利です。

 

汚れた服を拾う

汚れた服を拾って洗濯かごに入れ、床をもう一度取り戻しましょう。

クローゼットに洗濯かごが置けるなら、蓋なしを選ぶと、とても忙しい朝に、床に服を落としたくなっても使いやすいです。

清潔な服を片付ける

洗濯のことで頭がいっぱいになっている間に、少し時間を割いて周りにあるきれいな洗濯物をたたんで片付けましょう。

数分あれば、床のスペースを確保し、シャツやズボンを化粧ダンスの引き出しにしまうことができます。

寝室のクローゼットを整理するには、ブラウスとセーターを同じ方向に向けて掛けるようにします。

洋服を整理することにより、朝の服選びが楽になります。

ベッドのシーツなどを剥がす

毎晩寝る前にシャワーを浴びて、寝室に食べ物を持ち込まないようにしていても、シーツは定期的に洗濯して交換する必要があります。

部屋の他の部分を掃除するのと同じように、ベッドも時間をかけてきれいにしましょう。

掛け布団、シーツ、枕カバーを外します。

カバー付きの羽毛布団があれば、カバーを外してシーツと一緒に洗ってください。

掛け布団は時々洗う必要がありますが、シーツと枕カバーを洗うたびに洗濯物に入れる必要はありません。

表面の乱れを整える

大きな作業が完了したら、細かいところに注目します。

表面の散乱物から始めましょう。

ナイトスタンド、ドレッサー、化粧台およびデスクなどは、時間の経過とともに小さな日用品がたまりやすい場所です。

数分かけて、これらのアイテムを本来の場所に戻しましょう。

鍵を取る、化粧をする、ジュエリーを選ぶなど、日常的な習慣に気がついたら、よく使うアイテムを整理する順序を作成することを検討しましょう。

ドレッサーの上の装飾的な小さいトレイは、イヤリングやそのほかのアクセサリーを簡単に集めることができ、さらに、ナイトスタンドの引き出しの中の小さな箱は、読書用眼鏡をしまうことができます。

表面をきれいに拭く

寝室に散乱物がない状態になったら、次はすべての表面を拭いていきます。

ほこり取りスプレー、ガラスクリーナー、抗菌ウエットティッシュなど、表面に適したクリーナーを選び、作業を開始します。

テーブルの上を拭くのはもちろんですが、椅子の脚やドレッサーやナイトスタンドの前面にも気を配りましょう。

4本柱のベッドを持っているなら、柱とヘッドボードの掃除に時間がかかります。

めったに触れない部分の特徴として、ホコリの塊がたまりやすいものです。

カーテンや照明器具のホコリ

カーテンにもホコリがつきます。

ランプシェード、窓周りの装飾、照明器具などは、部屋の他の家具と同様にすぐにほこりが集まります。

これらの特徴のものは、雑巾で軽くほこりを払うか、掃除機を低めに設定して使用するときれいになります。

この重要なステップは、寝室のアレルゲンの除去にも役立ちます。

窓や鏡をしっかり拭く

汚れや傷で視界が遮られることなく、窓から光が差し込むようにしましょう。

寝室の窓やガラス張りのドアは、拭いた跡が残らない洗浄剤を使って拭いておきましょう。

そのついでに鏡も拭いておきましょう。

小さなお子様がいるご家庭では、窓の下部に小さな指紋がついていると思いますので、必ず低い位置を拭いてください。

掃除機や床掃除

寝室のあらゆるところをきれいにするには、床の掃除が欠かせません。

堅木の床の場合は、床全面を掃除する前にラグを取り除き、掃除機をかけます。床掃除は十分なので、モップがけは季節ごとの大掃除のときにしましょう。

カーペットを敷いている部屋では、掃除機でほこりの塊を取り除きます。

いずれの方法でも、ベッドや重い家具の下にもできるだけ手を遠くに伸ばしてください。

簡単に移動できる軽量のサイドテーブルや椅子があれば、床掃除をしているときに廊下に置いてみましょう。

ベッドメイキング

さわやかなシーツを敷いた布団に滑り込むことよりも、さらにいいことってありますか?

時間を節約するために、元のリネンを洗っている間に、予備のシーツを使ってベッドメイキングをしましょう。

洗濯物の準備ができたら、掛け布団の上に掛け布団カバーを取り替えて、ベッドメイキングを終えます。

掃除の手順がわかったところで、実行しやすい、部屋の掃除のチェックリストを使って、寝室の片付けをスムーズに行いましょう。

プリントアウトしておけば、片付けの時に手元に置けて便利です。

寝室掃除のチェックリスト

  • ごみを出す
  • 汚れた服を拾う
  • 清潔になった服を片付ける
  • ベッドのシーツを剥がして洗う
  • 表面の乱れを整える
  • 表面をきれいに拭く
  • カーテンや照明器具のホコリ
  • 窓や鏡をしっかり拭く
  • 掃除機や床掃除
  • ベッドメイキング




-ホーム, 女性向け

Copyright© lebh(レべ) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.