アナと雪の女王のエルサは、実は完全悪役として制作が進められてた話

 

最近知った話で好きなやつがありまして、アナと雪の女王のエルサは、実は完全悪役として制作が進められてたらしいんですよね。

 

 

しかし、アナ雪の代名詞とも言える「レリゴ〜」の歌が、あまりにも良い歌であることが判明し、

 

こんな悪役が、こんな良い歌を歌うはずがないという話になって、どんどんエルサの設定が変わっていったらしいですw

 

でも、実際問題として、アナ雪は、ポニョとかと同じで、あの歌があるからこそ世界的なヒットになったというのもあるわけで、

 

音楽って、それだけの力を帯びるものなのだなあって、すごく勉強になったんですよね。

user
ドラマハリウッドハロウィン

コメントする