ひろゆき氏「肥満などの重篤化リスク要因を持ってる児童は、ワクチンを接種した方が不幸は防げる」

 

世の中には、コロナワクチンを打ちたくないという人がいるのですが、世界的な統計を見てみても、打った方が明らかに自分のリスクも減り、周りのリスクも減るので、打つべきだとは思いますが、

 

日本で屈指の影響力を誇るひろゆきさんも、コロナワクチンに関して提言されて下さってたので、今回はこれについて紹介します。

 

 

ひろゆき氏曰く、

 

現状、学校に通っている子供たちが新型コロナの感染を防ぐのはかなり難しいです。 ワクチンを打てない体質の高齢者と同居してる場合や、肥満などの重篤化リスク要因を持ってる児童は、ワクチンを接種した方が不幸は防げると思います。

 

とのこと。やはり、知識のある方はよくわかっている。

 

コロナの危険なところは、ほとんどの人にとっては重症には殆どならないけど、一部の人は圧倒的に死につながるので、リスクを抑えるためにワクチン打とうよってことなんですよね。

user
コロナひろゆき

コメントする